スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<宮崎刑務所>受刑者虐待、記録も改ざん 職員5人書類送検(毎日新聞)

 宮崎刑務所(宮崎市)は23日、受刑者を収容した保護室の室温を上げて虐待し記録を改ざんしたとして、幹部職員5人を特別公務員暴行陵虐と虚偽公文書作成容疑で宮崎地検に書類送検した。このうち元処遇部長の男性(当時55歳)は事件の捜査中に自殺している。福岡矯正管区は元処遇部長を除く4人と当時の畑江裕二所長(57)を懲戒処分にした。

 送検されたのは元処遇部長の他に、本村敬彦・元主任矯正処遇官(47)=懲戒免職▽同首席矯正処遇官(46)▽52歳と36歳の統括矯正処遇官の2人=以上停職6月。畑江元所長は減給2カ月(10分の1)の処分にした。

 容疑は、08年7月24日午後3時ごろから約24時間にわたって、保護室に収容した50代の男性受刑者を懲らしめるため、床暖房を入れて室温を38度に上げて虐待。さらに、本村元主任矯正処遇官が記録表の室温「38」をつぶして「28」に書き換えたほか、刑務所の監査で男性受刑者が苦情を申し出た際、5人は新たに新しい記録表を作って虚偽の公文書を作った疑い。

 5人は「日ごろから態度が悪く、懲らしめるためにやった」と容疑を認めているという。受刑者の体調に異常はなかったという。

 福岡矯正管区が昨年11月に、不適正処分の疑いがある別のケースを調査中に発覚。元処遇部長は、取り調べを受けていた今年3月2日に遺書を残して自殺した。調べに「明らかな虐待だったので、分からないように記録書を作り替えた」などと供述していたという。

 福岡矯正管区の国吉高虎・第1部長は「組織ぐるみととらえられても仕方がない。非常に申し訳ない」と話している。【川上珠実】

【関連ニュース】
京都刑務所:低体重状態で受刑者死亡 立件視野に捜査
雑記帳:刑務所キャラ「わかP」が即売会を応援 和歌山
刑務所出所:仮釈放が満期下回る…高齢化、引受先なし
オダギリジョー:内館牧子さん脚本のドラマ「塀の中の中学校」に主演 渡辺謙ら豪華キャストで
障害者の「罪と罰」:イギリスからの報告/中 段階踏んで、地域に復帰

全国学力テスト 4回目開始 今回から3割の抽出方式に(毎日新聞)
長谷川等伯展 来場者が10万人突破 京都国立博物館(毎日新聞)
鳩山政権 末期症状 5月退陣説も(産経新聞)
<TDL>M・ジャクソンのアトラクション 7月から再導入(毎日新聞)
交番ガラス割られる 大阪・西淀川(産経新聞)
スポンサーサイト

「経歴傷付いては」東大の不正調査で虚偽報告(読売新聞)

 東京大学は23日、国から補助された科学研究費の不正使用の調査を行っていた事務職員4人(課長3人、副課長1人)が、手心を加えるため虚偽の報告を行ったとして、戒告処分にしたと発表した。

 処分は21日付。

 同大広報部によると、4人が調査したのは、大学院農学生命科学研究科の50歳代の教授が2008年5月、実験器具会社に架空の請求書を作らせ、科研費約44万円を不正にプールし、事務用品の購入に流用した問題。

 まず、学内の全教職員の取引を対象にした調査で疑惑が浮かび、同年9月、4人が調査を始めた。この科研費は教授が指導する若手研究員に出されたものだった。4人は研究員の経歴に傷が付いてはいけないと、故意の架空請求ではなく、重複発注によるミスだったとする報告書を作成、同年12月に大学側に提出した。

 ところが、その後、処分を行うための委員会が、教授らから聞き取りをしたところ、架空発注の事実が発覚。報告書の虚偽が判明した。教授は今年1月、15日の停職処分を受けた。

キトラ古墳 壁画を精巧に再現した陶板公開 展示も(毎日新聞)
<裁判員裁判>自殺未遂の長男刺殺…結審 求刑、下限の5年(毎日新聞)
<松本清張賞>村木嵐さんの「マルガリータ」に(毎日新聞)
<鴻臚館跡事務所火災>連続放火の疑い 付近で5件の不審火(毎日新聞)
キトラ古墳 壁画を精巧に再現した陶板公開 展示も(毎日新聞)

サクラの季節なのに… 練馬や箱根で積雪(産経新聞)

 日本上空に強い寒気が流れ込んだ影響で16日、東京都心の最高気温が7.4度など、関東地方を中心に真冬並みの寒さとなった。神奈川県箱根町では季節外れの雪景色が見られたほか、東京都練馬区では車のフロントガラスにうっすらと雪が積もった。

 箱根町役場によると、標高の高い地点では十数センチ以上積もったという。職員は「4月半ばに積もるなんて覚えがない。ちょうど見ごろを迎えたサクラも雪をかぶって、かわいそう」。

 気象庁によると、今年は北極付近から流れ込んでくる寒気と、南からの暖気がともに強く、日本上空で一進一退の“攻防”を続けているため、例年になく寒暖の差が激しい。ここ数日は寒気が優勢で、南の海上を通過中の低気圧がさらに寒気を引き込み、異例の寒さになったという。

 九州でも宮崎市で15日、最高気温が9.5度と4月としては観測史上1位の低さを記録。全国的に冷え込んでいる。

 東北から関東・甲信地方では、17日も雪となる見込み。気象庁は、東北南部や関東の山沿い、甲信、箱根から多摩西部などで、最大20センチの積雪を予想している。関東南部の平野部でも「積もるほどでないが、雨に雪が交じる可能性がある」(同庁)。都心部で17日に雪を観測すれば、昭和42、44年と並び、観測史上1位の遅さとなる。

 今後1週間も雨や曇りが多く、気温も平年並みから平年以下となる所が多い見通し。

【関連記事】
4月半ばで東京に雪? 気象庁予報、観測史上1位の遅さも
天候不順で野菜高騰 農水省が出荷前倒し要請
GWのJR予約数、天気と高速で東高西低?
日照不足で野菜高騰 ナスやピーマン3、4割高
サクラエビ漁、天候不順で大幅遅れ 静岡
外国人地方参政権問題に一石

「日米同盟3年持たぬ」 正論大賞・佐瀬昌盛氏が講演(産経新聞)
ベストセラー著者が否認=顧客の脱税で初公判-さいたま地裁(時事通信)
火災 2階建てアパート焼け1人死亡1人重体 東京・足立(毎日新聞)
ケージ内でテン捕獲=トキ襲撃、同一かは不明-環境省(時事通信)
「日本は反面教師」韓国ロースクール誕生1年(産経新聞)

シェパード妨害、あちこち赤ペンキ捕鯨船帰港(読売新聞)

 南極海で反捕鯨団体シー・シェパードから妨害を受けた調査捕鯨船団の母船「日新丸」(8044トン、乗組員128人)が12日午前7時10分、東京・大井ふ頭に帰港した。

 午後にも海上保安庁が立ち入り調査し、被害状況などを確認する。5隻の船団はすべて帰国し、今季の調査捕鯨は終了した。

 日新丸はレーザー光線を照射されたり、カラーボールを発射されたりする妨害を受けた。帰港した船体には、あちこちに赤色のペンキが付着、投げ入れ防止用の網も破れて、妨害による傷跡が生々しく残っていた。

 調査捕鯨では850頭のクジラを捕獲する計画だったが、妨害によって大幅に下回る見通しだ。

<たちあがれ日本>10日結成 党名不評「長過ぎる」(毎日新聞)
ドラマ「カバチ」でTBSに抗議=「行政書士が示談交渉」-大阪弁護士会(時事通信)
デフレ克服に増税必要=財源確保で菅財務相(時事通信)
「子ども手当」はビジネスチャンス 「将来の学資積み立て」-教育にニーズあり(産経新聞)
日中首脳会談、東シナ海ガス田開発問題進展なし 死刑執行に触れず(産経新聞)

希望ナンバー、名古屋「・111」など抽選に移行へ(レスポンス)

国土交通省は5日、5月6日以降、抽選希望ナンバーの一部を見直すと発表した。

抽選希望ナンバーに移行する番号一覧

特定の運輸支局等(登録自動車)の一般希望ナンバーで払い出しが急速に進み、近い将来払底する可能性が出てきた番号があることが判明したため、払底する可能性がある一般希望ナンバーを抽選希望ナンバーに移行することにした。
 
抽選対象に移行するのは、「名古屋」(愛知運輸支局)の「・111」、「京都」(京都運輸支局)の「…5」、「大阪」(大阪運輸支局)の「1000」の3つで、5月6日(インターネット申込みは5月3日)から受付を開始し、5月13日から払い出しを開始する。
 
また、抽選希望ナンバーのうち、とくに払い出しが進んでいる普通乗用車(3ナンバー)の一部の番号について、払い出し個数を少なくする。具体的には、「品川」(東京運輸支局)、「大阪」、「神戸」(兵庫陸運部)の「…8」を毎週4個から毎週2個にするほか、「神戸」の「・・88」を毎週2個から1個へ減らす。

《レスポンス 編集部》

【関連記事】
【ホンダ CR-Z 発表】ナンバープレートは真ん中に
国交省、緑ナンバーのエコカー補助金申請受付を19日から再開
高速道路無料化 とまどう高速道路会社
国土交通省 特別編集

携帯「フィルタリング」利用は5割弱…内閣府(読売新聞)
<理研>論文不正巡り元研究員と和解 発表をサイトから削除(毎日新聞)
デイリーNK・高支局長「携帯は社会変えるツール」(産経新聞)
<自民>参院選候補を追加発表(毎日新聞)
将棋 羽生3連覇か、三浦初奪取か…8日から名人戦第1局(毎日新聞)

学習塾小6刺殺、塾に9900万円の賠償命令(読売新聞)

 京都府宇治市の学習塾「京進」で2005年12月、小学6年堀本紗也乃さん(当時12歳)がアルバイト講師に刺殺された事件で、紗也乃さんの両親が、事故防止を怠る安全配慮義務違反があったとして、京進に1億3000千万円の損害賠償を求めた訴訟で、京都地裁が使用者責任を認め、京進に9900万円の支払いを命じる判決を言い渡した。

憲法改正「議論必要なし」 枝野行政刷新担当相(産経新聞)
日米密約 外務省有識者委員らを招き質疑 衆院外務委(毎日新聞)
若林氏「魔が差した」、青木氏「想像できぬ」(読売新聞)
小沢氏が資産等報告書訂正…ホテルの土地など(読売新聞)
「まだ温かかった」虐待2歳児、診察の医師(産経新聞)

「首相の言葉、昨日と今日で違う」普天間また迷走(読売新聞)

 沖縄の米軍普天間飛行場移設問題で、鳩山首相の発言が29日も迷走した。

 政府案の取りまとめをめぐり、平野官房長官や岡田外相ら関係閣僚が米側に複数の案を示し、並行して沖縄とも交渉を始めたにもかかわらず、首相は26日、「3月末までに政府案を一本化したい」と記者会見で発言。岡田外相らが対外的に異論を唱えると、29日に一転、軌道修正した。「5月決着」という至難の業を成し遂げるには、首相の強い指導力が不可欠だが、現状は、首相自身が“お荷物”になっている形だ。

 政府案の取りまとめについて、首相は29日夕、記者団に「今月中でなければならないと法的に決まっているわけではない」と述べ、月内に一つの案に絞り込む、とした前言を修正した。

 首相は26日の記者会見では「最終的には政府案を一つにまとめなければ交渉はうまくいかない。3月いっぱいをメドにしながらまとめる努力をしている」と述べた。これに対し、ワシントン訪問中の岡田外相は28日(日本時間29日)、記者団に「『3月末』という期限はわからない。(首相は)つい丁寧に説明すると、ニュアンスが違うこともある」とやんわり苦言を呈した。

 政府は、沖縄県にある米軍キャンプ・シュワブ陸上部案と、米軍ホワイトビーチ沖の埋め立て案の2案に、県外への訓練移転を組み合わせる移設案を26日にルース駐日米大使に示し、交渉に事実上着手している。平野官房長官は29日の記者会見で、「代案を持たない交渉は大変厳しくなる。一つの案の中にも選択肢がある」と述べ、外相に同調した。

 自民党の大島幹事長は29日夜、党本部で記者団に「いつも首相の言葉はきのうときょうで違い、それを言い訳して国内、世界の信頼を失わせている」と改めて厳しく批判した。

<政党機関紙配布>74年の判例疑問視 「逆転無罪」判決(毎日新聞)
拉致対策本部事務局長代理に三谷秀史内閣情報官(産経新聞)
蓮池透さんが退会 救う会新会長に西岡氏(産経新聞)
<原爆症>10人認定 甲状腺機能亢進症は初(毎日新聞)
「177」情報更新10時間半なし…気象庁ミス(読売新聞)
プロフィール

こやなぎいさむさん

Author:こやなぎいさむさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。